近江上布と秦荘紬ができるまで

設計図案・糸割り 図案を絣柄に合わせて設計する
糸割りに添って、絣の羽定規を作成する
(写真は設計の様子)
経糸の準備1
 綛染め・綛繰り・整経
染色は糸を綛の状態でおこなう
地色が藍の場合は藍瓶を
用いて染色する
(写真は苑内の藍瓶での染色)
経糸の準備2
 絣づくり(櫛押し捺染)
整経された経糸は糸束ごとに竿枠掛けし
羽定規を当てて墨印を付ける
墨印を付けたところに櫛と呼ばれる道具を
用いて絣を染め付ける
(写真は櫛押し捺染の様子)
経糸の準備3
 絣乗せ・割り込み
 唐巻き・経つなぎ
染色された地糸・絣糸ごとに整経台に
乗せておおまかに柄を合わせる
次に割り込み台にて柄を細かく合わる
(写真は割り込みの様子)
緯糸の準備
 綛染め・綛繰り
 絣づくり・繰り分け
 管巻き
緯糸の準備は経糸の準備と同様に
おこない、繰り分けて管に巻いておく
(写真は羽根巻捺染の様子)
製織
 織り付け・織り
準備した経糸と緯糸で機にかける
まずは織り付けにて機の調子を整えて
織り上げる
仕上げ(近江上布) 近江上布は近江の独特の仕上げ方法
「ちぢみ加工」に仕上げる
デコボコとしたシワをつけることにより
そのおうとつが、生地と肌との間に風を
通し、涼しさを感じる上布に仕上がる
仕上げ(秦荘紬) 秦荘紬は絹織物の仕上げ方法である
湯通しをする事で、ふっくらとした真綿の
風合いに仕上げる

                                   
戻る